ブラックリストについて


債務整理 東京|過払いなら借金相談ホットライン

ブラックリストについて

>ブラックリストについて

 

 

正しい知識を持って債務整理

 

ブラックリストというと、分厚い本に人の名前がリストアップされているという想像をする方もいらっしゃるかと思います。
しかし”ブラックリスト”というものは本来存在しません。
一般的にブラックリストと呼ばれているのは、信用情報機関にマイナスの情報として登録される、事故情報(支払いの遅延、債務整理の情報)の俗称です。
返済の滞りなどのない通常の情報をホワイト情報、逆に返済の滞りなどの事故情報をブラック情報ということから、ブラックリストという俗称がついたと言われています。

 

 

一定期間新規の借入れができない

 

自己破産などの債務整理をすると、ブラックリストに登録されます。
登録されると、一定期間(5〜7年)「新たな借金やローンを利用できなくなる」「新たにクレジットカードを作れなくなる」「自動車ローンや住宅ローンなどが利用できなくなる」などのデメリットがあります。しかし、ブラックリストの情報は、一生残る訳ではなく、一定期間が経過すれば消えるようになっていますので、ご安心ください。
なお、よく言われているように、戸籍や住民票に自己破産をした事実が記載されることはありません。

 

借金問題は早期解決が大切です。 気になることがありましたら、まずは借金相談ホットラインまで、お電話ください。

 

 

 


トップページ どのくらい必要?
料金案内
ここが知りたい!
よくあるご質問
実際に依頼された
お客様の声
駅近で安心!
事務所案内
お手続きのご依頼
お問い合わせ