個人民事再生とは


債務整理 東京|過払いなら借金相談ホットライン

個人民事再生とは?

TOP >個人民事再生とは

 

 

個人民事再生とは、借金を大幅に減額し、原則3年間で分割して返済していく手続きです。住宅を維持しながら債務整理ができるお手続きのため「毎月の返済は苦しいけど、自己破産で住宅を失いたくない」という方におすすめです。
借金額が住宅ローンを除き、原則5分の1程度になります。これは、任意整理よりも大幅に借金が減るので、毎月の返済が楽になります。

 

また、個人民事再生は、自己破産をすると資格制限を受けて職業を継続できなくなる方(弁護士、行政書士等の士業、生命保険募集人、警備員等)に有効な手続きでもあります。

 

個人民事再生を利用できる方

  • 将来、継続して収入を得る見込みがある方
  • 借金の総額が5,000万円以下の方(住宅ローンを除く)

 

 

個人再生の流れとは

 

 

1.ご相談
借入れ内容や生活状況等をお聞きして、借金の整理方法を検討します。

 

2.受任・借入内容の調査
貸金業者へ受任通知を送付。受任通知(私があなたの代理人になったということを伝える通知)を送ることにより、返済・督促がストップします。同時に借入れの取引履歴を取り寄せ、調査します。

 

3.利息制限法に基づく計算
取引履歴をもとに、払い過ぎている利息を計算(=引き直し計算)します。この時、過払い金が発生している場合には、過払い金返還請求をします。

 

4.必要書類の収集・準備
裁判所に提出する申立書類を作成し、申立てに向けて、準備を行っていきます。

 

5.個人民事再生手続の申立て
必要書類等を揃えていただき書類作成後、地方裁判所に申立てをします。

 

6.再生審問・個人再生委員との面接
申立てが受理された後、審問・面接後、開始決定がなされます。

 

7.再生計画の認可決定
再生計画案が可決されると、裁判所は再生計画の認可決定を出します。

 

8.返済の開始
再生計画案どおりに返済を開始します。 すべて支払いが終われば借金から解放されます。

 

 

家を維持しながら減額できる

 

 

メリット

  • 現在の借金を大幅に圧縮できる
  • 住宅ローン特則を使用すると、マイホームを手放さなくて済む
  • 依頼した時点で貸金業者の取立行為に規制が入る
  • 自動車などの高額財産を処分する必要がない
    (※ローンを支払い中の車の場合は、引き上げられてしまう可能性があります)
  • 資格制限がない
  • 借金の理由を問われないため、ギャンブル・浪費が原因でもお手続き可能

 

デメリット

  • 手続きにかかる期間が長い
  • 安定した収入がなければ利用できない
  • 官報に掲載される

 

個人民事再生の事例<42歳・既婚・会社員の場合>

東京で個人再生をした体験談

10年前にマンションを購入して、毎月12万円の住宅ローンを支払っていました。
5年前に体調を崩し、転職をよぎなくされ借金をするようになり、借金総額は8社で400万円まで膨れあがりました。
住宅ローンを含めた借金は、3400万円。もう自己破産しかないと思い、借金相談ホットラインにご相談しましたが、自己破産を避けられるお手続き方法があると知り、ご提案いただいた個人民事再生を行うことにしました。
結果、住宅ローン以外の借金が100万円まで減額。3年間の分割払いという計画を立てて約3万円の返済をしていくことになりました。住宅も手放さずに済んで、本当によかったです。

 

 

 


トップページ どのくらい必要?
料金案内
ここが知りたい!
よくあるご質問
実際に依頼された
お客様の声
駅近で安心!
事務所案内
お手続きのご依頼
お問い合わせ